入院時より入念に説明を行い、患者様の思いを聞きます。

私たちはコミュニケーションからよりよいリハビリテーションが生まれることを信じでいます。

看護師・セラピストと絶えず連携を取り、患者様の生活をサポートします。

incho  

総院長 古出 隆士

 

認定資格等

・日本内科学会認定内科医

・日本循環器学会専門医

・日本救急医学会専門医

・日本医師会産業医

・研修医指導医

・神戸地方裁判所専門委員

 

専門分野の紹介

プライマリーケアを重視した内科一般の診療を基本としています。

長年にわたって、循環器内科学の分野での診断・治療・予後に関する医療を行ってきましたが、今後はリハビリテーションの分野にも目を向けています。

 

自身のモットー

医療に携わる者にとって、必要な心構えは3つあると考えています。

その1は、その人にとって必要な知識や技術をしっかりと身につけること。

その2は、どのような場合も常識をもって判断・対応をすること。

その3は、良識ある態度で臨むことです。

     
     
inchho2  

 

院長 小澤 修一

 

認定資格等

・日本胸部外科学会 心臓血管外科 名誉専門医

・日本救急医学会 専門医・指導医

・日本プライマリ・ケア連合学会、プライマリ・ケア認定医・指導医

・日本DMAT隊員、統括DMAT、日本DMAT検討委員会委員

・社会医学系専門協会 専門医・指導医

 

専門分野の紹介

私はこれまで外科医、心臓血管外科、救急医として急性期病院で働いてきましたが、阪神淡路大震災を経験し災害医療に取り組むようになり、プライマリ・ケア、リハビリテーションの重要性に気付きました。

今後は皆様とともにこの分野に取り組んでいきたいと思います。

 

自身のモットー

私のモットーは和です。

つらいことがあってもいじけず、くじけず、明るく楽しく生き抜きましょう。今までいろんな人に助けていただき、これからは少しでも恩返しをできればと思っています。

 

 
 

~ 各 医 師 の 紹 介 ~

  医師氏名 認定資格・専門等
     

    

kobayashi
小林 勝

顧問

・日本リハビリテーション医学会リハビリテーション科専門医

・日本リウマチ学会専門医

・日本整形外科学会専門医

・日本医師会認定産業医

・日本リハビリテーション医学会 指導医

 

【専門分野の紹介】

関節リウマチを含む整形外科的疾患の機能回復

 

【自身のモットー】

前向きに進む

kojima
小嶋 晃義

リハビリテーション科部長 

・日本リハビリテーション医学会リハビリテーション科専門医

・日本リハビリテーション医学会 指導医及び指導責任者

・日本整形外科学会 整形外科専門医

・日本リハビリテーション医学会 認定臨床医

・日本整形外科学会 認定運動器リハビリテーション医

・義肢装具等適合判定医

・日本統合医療学会 認定医

・国際個別化医療学会 認定医

・ボツリヌス療法 登録医

・鍼師および灸師

 

【専門分野の紹介】

リハビリテーション(rehabilitation)は「再び(=re)‘habilis’の状態になる(する)」という意味です。

そしてこの ‘habilis’ には「ふさわしい」あるいは「望ましい」

という意味が含まれています。

つまり、リハビリテーションという言葉は「人間がふさわしくない(望ましくない)状態になった時、本来のふさわしい(望ましい)状態に戻すこと」を表しています。

 

当院では、医学的な知識と技術を駆使し、単に「失われた機能を回復させること」だけではなく「生活の質(Quality of Life,略語:QOL)を高めて、本来の生活にもどっていただくこと」を目標に、リハビリテーションに取り組んでいます。

 

【自身のモットー】 

感銘を受けた以下の言葉を「座右の銘」にしています。

motto

kobayashi

小林 慶通

リハビリテーション科 医員

・義肢装具等適合判定医

・ボツリヌス療法登録医

・認知症サポート医

 

【専門分野の紹介】

装具、薬物、社会資源を活用したリハビリテーションを行っていきます。

 

【自身のモットー】

患者様、御家族様の御希望に沿ったゴールを目指してリハビリテーションをすすめていきたいと思います。

fukuda

 

福田 優子

循環器内科 医長

・日本内科学会認定内科医

・日本循環器学会循環器専門医

・日本超音波医学会超音波専門医(心臓)

・日本周術期経食道心エコー委員会認定医

 

【専門分野の紹介】

循環器(心臓)分野を中心に研究や内科診療を行ってきました。

患者さんの一日も早い回復をサポートできるように携っていきたいと思っています。

 

【自身のモットー】

患者さんやご家族の方が望んでいることに寄り添えるように心がけています。

sasaki

 

佐々木 真希

循環器内科 医長

・日本内科学会認定内科医

・日本医師会認定産業医
・日本循環器学会循環器専門医

・総合内科専門医

・医学博士

・日本心臓リハビリテーション学会指導士

 

【専門分野の紹介】

循環器内科を中心とした内科全般に従事しております。

大学では脂質異常症の研究に携わっておりました。

 

【自身のモットー】

患者様並びに御家族の皆様にとってより良い生活の質が得られるように、おひとりおひとりに添った医療を御提供出来ますよう心掛けております。

fujita

 

藤田 重一

脳神経内科 部長

・日本脳神経外科学会専門医

 

【専門分野の紹介】

脳神経外科疾患(特に脳腫瘍、小児脳神経外科)

 

【自身のモットー】

患者さんのライフスタイル、希望に沿ったリハビリテーションをすすめていきたいと思います。

hasegawa

 

長谷川 貴之

脳神経内科 医長
・日本脳神経外科学会専門医

・日本脳卒中学会専門医

 

【専門分野の紹介】

脳神経外科領域の疾患(脳卒中、脳腫瘍、頭部外傷など)

 

【自身のモットー】

患者さん御家族の御意志を尊重し、思いやりの心をもって診療に臨みたいと思います。

宮本 康佑

内科 医員

・日本内科学会認定内科医

・緩和ケア研修会修了者

・臨床呼吸機能講習会修了者

 

【専門分野の紹介】

呼吸器内科疾患(肺炎、肺癌、喘息、慢性閉塞性肺疾患など)

 

【自身のモットー】

患者様、御家族様の御希望に沿った医療を提供させていただきます。患者様に笑顔で穏やかに過ごしていただけるような環境づくりを心掛けております。

 

西 将康

・食道胃腸外科学分野

 

須藤 麻貴子

・循環器内科

 

杉崎 陽一郎

・循環器内科

 

築山 義明

・循環器内科

 

竹重 遼

・循環器内科

 

長尾 学

・循環器内科

 

黒瀬 潤

・循環器内科

 

兵庫 聖大

・循環器内科

 

秋田 朋己

・循環器内科

 

miura 

三浦 真香

歯科 医長

・日本口腔外科学会 歯科医師

 

【専門分野の紹介】

リハビリテーションの目的であるQOL向上を図っていく上で、摂食嚥下機能改善も重要なポイントになると考えられます。
歯科では、歯科技師・歯科衛生士がお口の中を診察し、お口の中の環境を清潔に保つお手伝いを行いながら、必要に応じて適切な歯科処置を行っていきます。
それぞれの方に合ったブラッシング方法等も説明しながら、お口の面からのリハビリテーションをすすめていきたいと考えます。

 

【自身のモットー】

丁寧な診察・治療を心掛けています。

 

渋谷 恭之

・日本口腔外科学会専門医・指導医

・日本障害者歯科学会認定医・指導医

・日本顎顔面インプラント学会指導医